定時に帰りたいなら転職を考えよう

看護師や介護士が働く医療や介護の現場では残業が多くなりがちです。
患者や高齢者の看護を行う上では相手のペースに合わせなければならないため、時間の予測がつけづらくなります。容態が変化したり、急患や急な訪問者があったりして予定外に仕事が必要になってしまう場合も少なくありません。だんだんと仕事が増えてしまって残業になるという職場は多いものの、全ての職場でそれが共通しているわけではありません。
残業をしないために看護師や介護士が選ぶ選択肢として、まず転職が行われるようになってきているのが現状です。医療や介護の業界で看護や介護を担う人材が全体的に不足していて有資格者の需要が高く、求人募集が豊富に見つけられる状況があります。需要の高さにより有資格者の獲得競争も起こっているため、残業を原則として行わずに働ける待遇での採用も行われるようになっているのが医療や介護の業界の特徴です。その状況を知って転職し、残業がそもそもない現場で働くという選択肢がとられるようになっています。
仕事内容も変えて気分を一新して働く人もいれば、同じ職務内容で職場だけ変えるという人もいるのが現状です。ワークライフバランスを良好な状態にするためには残業をなくすことが大切であり、残業をしないために四苦八苦する人も多かったでしょう。しかし、人材の需要が高まっている恩恵を受けて、勤務条件を選んで転職すれば看護師も介護士も毎日残業せずに働けるようになっています。

Leave a Reply