実質的な勤務時間を減らすための二つの工夫

医療系で働いていきたいという看護師にとって現場での働き過ぎはつきものですが、体力的にも精神的にも負担になりやすいのが事実です。
看護師は基本的には日勤と夜勤に分かれていたり、三交代制で当番が決められていたりするため、その通りに働ければそれほど負担は大きくありません。しかし、実質的な勤務時間はより長くなってしまいがちである現場が多く、外来でも入院でも患者が多い病院に勤めていると毎日のように残業や時間外労働を求められることになってしまう場合も少なくありません。実質的な勤務時間を減らすことは大変さを軽減するために欠かせない視点になります。
そのための工夫として二つ考慮してみると良いでしょう。
一つは医療系であってもクリニックを選ぶという方法であり、多くの職場では残業がほとんどない状況ができています。選び方次第ではやはり実質的には長時間労働になってしまう場合もありますが、病院に比べると概して残業が少なくて想定していた通りに働けることが多いのが特徴です。
もう一つは病院にこだわりがある人にとって良い心がけになるものであり、作業効率を上げるためのスキルを身につけるという方法になります。看護スキルは自然に身につくものですが、それ以外の部分は意外に伸び悩むものです。パソコンの使い方やスケジュール管理の方法、人との会話を適度に区切るためのコミュニケーションスキルなどを学ぶことによって作業効率が全体として向上し、実質的な勤務時間を短くしていくことができるでしょう。

Leave a Reply