書類処理が残業の原因になる場合も

看護師や介護士が働く現場では大量の書類を処理することになります。
カルテなどに記録を逐一残したり、申し送りのための書類を整えたり、保険関係の書類処理を行ったりといった作業は一日を終えてみると意外に多いと感じるでしょう。看護師でも介護士でも自分で記入したり整理したりしなければならない書類は多く、仕事のうちでかなりの時間を占めてしまっているのが事実です。
特に知っておくと良いのが書類処理を行っている時間帯であり、ほとんどの職場では残業中に行っている状況があります。これは通常の勤務時間には看護の仕事を中心として行っているからであり、書類処理は後回しにしてしまいがちなのです。そして、一通りの仕事が落ち着いてきた終業時間頃に書類処理を始めて、残業に至ってしまうことが多くなっています。
そのため、残業をしないために大切なのは書類に関わる仕事を一日の終わりに残さないことです。看護の仕事をしながら、合間を縫って少しずつ書類処理を行っていくようにするだけで、残ってしまう書類の量が減っていきます。慣れてくるとわずかな時間に大まかな書類の記入は終えられるようになり、終業時間前に少し確認をするだけで帰路につけるようになるでしょう。
自分から積極的に取り組んでいかないとスキルとして身についてこないため、実践ありきで考えることが重要です。残業をしないために行える工夫として、まずは書類処理を残さずに合間を縫って行うようにしてみましょう。

Leave a Reply